FC2ブログ

語り酒場は大盛り上がり!

年に2回開催しておりますお酒が飲めるレクリエーション、それが「語り酒場」

作業終了後に食事をしながら、お酒を飲みたい人は飲みながら、そして
忌憚なく語り合う
それが「語り酒場」




IMG_0966.jpg




その「語り酒場」をお盆休み前の8月10日に開催いたしました!

参加人数は今回30名を超え、このレクリエーションも大宴会の様相を呈してきましたー



IMG_0962.jpg
午後から準備に参加するメンバーも。
いやいや、とっても助かりますねー





IMG_0960.jpg
スタッフの手づくり料理を盛り付けです。






IMG_0963.jpg
ひゃー、ボリューム満点!
鶏のから揚げにポテトサラダ、フライドポテトに中華風キュウリと
お好みのメニューがずら~り!




そしてみんなよく食べるので、今回は向日市にある「キッチンつぶまる」さんにもお料理をお願いしました!





IMG_0968.jpg

うひょーー!おいそそう!!



「キッチンつぶまる」さんは素材にこだわったおばんざいを作られているお店。


「キッチンつぶまる」さんとは7月に出店した「ママキッズまるごとマルシェ」でも
ご一緒させていただきまして、バスハウスのマルシェで何度か出店いただいている「チョコシナ」さんにご紹介いただきましたよ!


今回もとっても考えてメニューを提供くださいましたー

「キッチンつぶまる」さん、ありがとうございました!




そして準備したメニューがこんな感じ!



IMG_0967.jpg


飲み物も金麦(ビールじゃなくてすいません!)、チューハイ、にソフトドリンク!

フードは先にご紹介したとおりですー




そして作業が終わって、しばらくして、「語り酒場」が始まりました!




IMG_0972.jpg
いっただっきまーーーす!
うおーーー、はやいはやい!
あっという間に料理が無くなっていきます!





IMG_0975.jpg
から揚げとポテトがもう・・・ほとんどない・・・・



一瞬の内にメンバーの胃袋に消えていきましたー


IMG_0971.jpg
テーブルによってはゆっくり話しながら大人の時間を過ごすところも。



食事をしながらですと、いつもと違う感じで緊張もほぐれ、
みんないろんな話に花を咲かせていました。




そこー、ちょっとエッチな話してますね。
スタッフも混ぜてください!www




一通りみんな食べて飲んだ後は、一息、つく間もなく!www

お菓子を食べながら、みんなでワイワイと楽しい時間を過ごしました。




年に2回だけですがこんな感じでみながリラックスして参加できるように
バスハウスの中でお酒の飲めるレクを行なっていますよ!




今回の「語り酒場」も
メンバー、スタッフともどもいつも通り(いつも以上に?)、
リラックスして楽しい時間が過ごせたんじゃないでしょうか?


今回もよく飲み、よく食べ、よく話しました!




IMG_0976.jpg
大盛り上がり大会!ごちそうさまでした!





 
スポンサーサイト

誕生!これぞ無敵の古墳サイクル!

先だってバスハウスが長岡京の古墳ビルダーの一員として参加させていただきました
「古墳・はにわフェス2」〜まるで古墳のドリームランド~


うめだ阪急10階での催しということで注目度も高く、
また店頭立ちの機会もいただき本当に貴重な体験させていただきました。





IMG_0895.jpg


お盆休み前にその時の模様をここで書き少し触れましたが、
古墳・古代好きのメンバーがバスハウスにいたことが大切で大きな意味があると思っています。


6月に出店したイベントで古墳群の缶バッジが好評で、
その缶バッジに使用したイラストをモチーフに今回Tシャツをメンズ、ガールズと追加で用意させていただきましたが、
そのイラストを描いたM.Yさん、古墳群のイラストを描いている時はいつも以上に集中され、楽しそうに描いておられました。




IMG_0705.jpg


他のイラストよりなぜ楽しそうに描いているんだろう?



その理由をずーと考えていたのですが、
「古墳・はにわフェス2」を中心になって運営されたマキリエさんとお話させていただいた際に、
こんな話を伺うことがありました。


kfGtYaQB_400x400.jpg


マキリエさんは古墳の魅力を伝えるために自らのネットワークを活かして
クリエイターの方々に古墳グッズの製作を依頼されたそうです。
その時クリエイターから「どのように作っていいかわからない!」と言った声が多く出たそうです。



そこでマキエリさんはクリエイターの方々にこう伝えたそうです。

古墳は古代のもので基本的にシンプルな形をしていてそれを組み合わせたもの。
だから古墳を図形として捉えてください。と・・・




IMG_0518.jpg


するとクリエイターの方々から次々にグッズが出来上がってきたそうです。



ということは、





M.Yさんも古墳を図形として捉えているのでは・・・と思いました。
M.Yさんが創作の時間に字を描いている時、難しい字は見本を確かめ一つひとつの線を確認しながら描いています。
書いているのじゃなくて描いていると言ったほうがしっくり来る感じ。


IMG_0964.jpg




M.Yさん、実は絵を描くことより字を書く、あるいは描く方が好きで、
字を形として捉えていたから古墳も図形としてスムーズに見ることができ、楽しく描けたのでは?
そもそも字って象形文字など形を表したもの。



しかも古墳群のイラストは古墳名まで描いてあります。
図形と文字のオンパレード。
これはきっとM.Yさんにとってはとてもワクワクする取り合わせだったんじゃないでしょうか?
もしそうだったのなら、とてもノリノリで描かれていたことも納得できますね。




IMG_0965.jpg



古墳は図形。
これをヒントにバスハウスも古墳グッズを製作しています。


そして今ある古墳グッズもメンバーと一緒に少しづつブラッシュアップしながら、新商品も企画していきたいなーと考えています。


メンバーが楽しみながら作業に取り組むことで仕事になり、商品化につながる。


IMG_0897.jpg


そして出来上がった商品をしっかり売り場に並べてお客様に提供する。
このサイクルを作ることでメンバーも仕事に対して意欲的になり、自己肯定感も得られる。
バスハウスはこの流れを大切にしたいと考えています。
自分が製作に携わった商品が店頭にあって、実際にお買い求めいただいたら、単純にうれしいですもんね!


古墳をキーワードに改めて再確認したこのサイクル。


よしっ!
これを「古墳サイクル」と名づけて忘れないようにしよーーっと。


IMG_0896.jpg

古墳サイクル全開でいこ!!


 

マルシェに現れた「身勝手な似顔絵描き」

先日開催したバスハウスのマルシェ「今年の夏もアツ!あつ!暑!」で
似顔絵に初挑戦したY.Wさん。

今までは休日に社会との接点が途切れることに課題があったことから土日の出店に参加してもらい、
その出店風景を得意のイラストに描き上げるという取り組みをしていました。


そんなことからY.Wさんの創作活動は始まり、
以前は週3日通所でしたが、もっと絵を描きたいという気持ちから
創作の時間を設けて今は週4日バスハウスを利用されています。


IMG_0623.jpg


そんなY.Wさんもバスハウスに来始めた、約1年前は週1日の通所がやっとでした。

そして今回のマルシェで似顔絵描きに挑戦されたのですが、
マルシェの2週間前に「無理かもしれない」とひと言。


新しいことをやるのに不安はつきものです。


でもあきらめることは簡単です。

Y.Wさんには「もうフライヤーに似顔絵って書いてるので、簡単にやめられないですよ」と意地悪く言いました。

そして同時に提案をしました。

「練習をしましょう、タレントの写真を見ながら描きましょう。そしてサイズはポストカードサイズにしましょう」


練習をするということ、自分がイメージしていたものより小さなサイズで描けることで
少し不安が減ったY.Wさんは何度か練習を繰り返されました。

IMG_0757.jpg
吉岡里帆さん




IMG_0762.jpg
波瑠さん



題材はスタッフの趣味で選んでいます!!www



こうやって同じ人物でも何度も繰り返し描くことで似顔絵の感触を掴んでいかれました。



しかし、今度は前日に「似顔絵にかける時間が短くできない」と言いださはりました。

どうしても1時間程度描き込んでしまうと。




似顔絵にかけられる時間って対象者がじっと座ってがまんできる時間ということになり、
会話をしながらでも20分くらいになります。




もうマルシェは明日です。
ここまで来たのだからチャレンジだけでもできたら。


そう思って
またこちらから提案しました。

「わかりました。じゃあ、時間がかかることを最初からお客様に提示しましょう。」

ということで、屋号を「身勝手な似顔絵描き」として、
次のような書面を用意しました。




migatte.jpg





時間がどうしてもかかるなら、そこを無理くりクリアするのではなく、
面白みに変えて正直に伝える。
それでお客様が遠慮されたらそれまでのことで、
ユニークですねーって言ってもらえたらラッキーくらいに思っていたらしんどくないですよね。


これでY.Wさんは「楽になったー」とおっしゃり、当日を迎えたわけです。

当日は潜在数秘術の出店の方と同じ机の隣同士で描いてもらいました。







IMG_0834.jpg


なぜそのようなレイアウトにしたのかというと、
Y.Wさんは会話することは苦手ではないので、程よい距離に誰かがいた方がリラックスできるのではと考えたのと、
潜在数秘術のセッションをされているところを近くで見ることでお客様との接し方を学んでもらえるかなと思ったからです。

その効果あってか、実際に似顔絵を描き出されるとお客様を待たせられないと思われ、
15分程度で描きあげることができていました。

案ずるより産むが易しってことですね。


出来上がった似顔絵はお客様には喜ばれていましたよ。







IMG_0795.jpg
再度目つむり写真、すいません!www




似顔絵って依頼主としばらくの間、対峙する必要があり、
また出来上がったものでどういう反応をされるかとても怖いですから、
なかなかハードルが高いと感じていたのですが、
見事、現場で順応され5人の似顔絵をお描きになりました。
ちょっとうれしいですねー




きっとY.Wさんも自信が少しついたんじゃないかなーと思います。






身勝手な似顔絵描き


バスハウスのマルシェではメンバーが主体的に関われるように、このような取り組みも行なっていますよ!
そしてユーモアをもって取り組むことも忘れずにいたいと思っています。


さて、次のマルシェではどんなことをやりましょうか。
どうぞお楽しみに!



 

激烈!似顔絵スキャンダル!!

行政からの依頼で
とあるイベントに関わっているバスハウスのスタッフ、私Fの似顔絵を広報物に掲載することになり、
バスハウスで創作に取り組んでいるメンバーに似顔絵を描いてもらいました。




はい、スタッフFです、私です。
この写真を見て描いてもらいました。



ますはバスハウスのマルシェで似顔絵デビューしたY.Wさん。





fujita.jpg
お、いいですねー、いい感じです。最高です。
もうコレに決定!
文句のつけようナシ!!
ありがとー、Y.Wさん!





続きましてTシャツ)ハリウッドスターやマグカップ「赤の他人」で見る人の度肝を抜いたA.Uさん。


fujita2.jpg
おー、なんとなく似てますねー。
いいですいいです、いい感じですやーーん!
これも捨てがたいですねー
上半身だけの写真やのに下半身も描いたはりますねーwww




さて、最後はご存知M.Yさん。
創作活動にバスハウス一取り組んでいます。



はい、期待を裏切りませんよーーー





fujita3.jpg
怪物か!!



なんで手の先だけ色ついいてんの!?
しかも「くん」づけ!?
めっちゃ上から目線やん!!
名前ばれたやん!!www









ということで、
バスハウスは明日から15日まで夏季休暇をいただきます!
しっかり休んで、また愉快にお会いしましょーーーwww




あー、容赦ないわ、バスハウスのメンバー!www






 

「古墳・はにわフェス2 〜まるで古墳のドリームランド!〜」 夢のうめだ阪急で出品だ!

8月1日から7日まで大阪はうめだ阪急百貨店で開催されていた
「古墳・はにわフェス2 〜まるで古墳のドリームランド!〜」





37199671_1739878336094647_2973648163895771136_n.jpg


今回ご縁をいただきバスハウスも参加させていただきました。









大阪の「うめだ阪急百貨店」にバスハウスの商品が1週間でも置いていただけるなんて、もう夢のようです!

ホントにホントにありがたい!



IMG_0924.jpg
古墳まみれの会場。





IMG_0895.jpg
土日はこの通りすごい賑わいでした。
平日でも常に会場にお客様がいらっしゃいましたー

さすがうめだ阪急さんですねー




IMG_0898.jpg
バスハウスは長岡京の古墳ビルダーのチームの一員として出品、
長岡京の売り場はこんな感じでした。





IMG_0896.jpg
バスハウスからは古墳の刺しゅうハンカチ、古墳柄の竹箸、古墳群の缶バッジ、





IMG_0897.jpg
そしてTシャツ古墳群!!
メンズとレディースがございます!



売り場は状況に応じて臨機応変にディスプレイを変えておられました。
最終的にバスハウスのTシャツは通路に面した場所で販売させていただきました。




IMG_0914.jpg
しかしありとあらゆるグッズが古墳や埴輪などの古代をテーマに作られていて、
その種類や品数の多さにとにかくビックリ!





IMG_0899.jpg
また古墳好きの方々だけではなく、フェアをやっているからちょっと立ち寄ろうかといった方々にも
とても楽しんでいただいていて、古代というテーマは多くの人々を魅了するのだと気づかされました。






IMG_0908.jpg
また作家の方々も自身の得意な分野で楽しく取り組めるような商品開発や展開をされていて
その楽しさが出来上がったグッズに現れているように感じましたよ!







IMG_0900.jpg
インスタ映えするグッズもこの通り!




IMG_0913.jpg
これだけのグッズが揃うとお客様もきっと楽しいはず。
確かに訪れたお客様は皆一様に笑顔笑顔でした!www






IMG_0909.jpg
布製品もこの通り!
傘なんてめっちゃかわいいですねー






IMG_0901.jpg
こちらは、埴輪づくし!
高槻の陶彫家の方の作品です。
もう圧巻ですね。




そして集客の方法もいろいろと趣向を凝らしておられ、毎日様々なイベントが目白押しに。




ライブ、トークショー、似顔絵、ワークショップ、
ダンスなどのパフォーマンスにゆるきゃらショーと多種多彩なイベントでフェアが盛り上がりましたー



IMG_0916.jpg
うきゃーー、お子さんが喜びそうーーーwww





IMG_0905.jpg
画像の奥の方のスペースでライブをされていました。
オーストラリアのアボリジニ族の楽器、ディジュリジュの演奏もありましたよ!





IMG_0910.jpg
食器類なんかもあったりで、もう出尽くしてるんじゃないの?っていうくらいの古墳ワールド!






IMG_0906.jpg
6月にJR長岡京駅前で行なわれた「アンネモー」というイベントに参加させていただいたことをきっかけに
ご縁をいただき今回のフェアの参加となったわけですが、





IMG_0907.jpg
それにはバスハウスに古代好きのメンバーがいたこと、古墳の絵を楽しそうに描くメンバーがいたこと、
この二つがなければ参加できていなかった、あるいは参加していても単に古墳に乗っかるだけのことになっていたと思います。





大好きな古墳をモチーフに自ら材料を選定し、商品企画から関わることができた「oharibako」のメンバーS.Tさんは
店頭立ちをして販売にも関わり貴重な経験をされたと思います。


お客様や他の作家さんたちと笑顔で話している姿を見て、とてもうれしく、そして頼もしく感じました。


古墳のイラストをノリノリで描いていたM.Yさん。
その理由がようやくとわかってきましたが、
自分のイラストを使ったTシャツが多くの方に手にとってもらえてていることをとても喜んでおられます。





IMG_0923.jpg
そしてバスハウスのイチオシ商品「竹のお箸」が大ヒット!
古墳柄をレーザー彫刻したこのお箸が20膳用意し16膳がお客様の元に!



そしてTシャツ古墳群も高評価をいただきましたー



IMG_0925.jpg
8月1日から7日まで大阪はうめだ阪急百貨店で開催された
「古墳・はにわフェス2 ~まるで古墳のドリームランド!~」



うめだ阪急という最高の舞台で貴重な体験をさせていただきました!
そしてさらに古墳グッズのブラッシュアップをメンバーとともにやっていきますよー




興味関心・好きなことで仕事づくりを行ない、作り上げた商品でお客様に喜んでいただき、
評価されることでメンバーも自信をつけてさらに意欲を増して仕事に取り組める。
このいい感じのサイクルをこれからも大切にししていきたいですね。


という基本をしっかりと踏まえつつ、
「古墳・はにわフェス2 〜まるで古墳のドリームランド!〜」
お越しいただいた方々、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました!
そしてこれからもよろしくお願いいたします!


多謝多謝多謝!!!